{なっとくいってないけど、とりあえず・・・あとで修正するかも}
#TITLE<CONGRATULATIONS -THE TOWER OF DRUAGA- hatabou>;
#WAV1,<-128,(112,112),15,(-128,-128),16>;
#WAV3,<-16,48,80,80,112,112,80,80,112,112,80,32,-16,-16,-48,-48,
-16,32,32,-16,-16,-48,-96,-128,-128,-96,-96,-128,-128,-96,-96,-80>;
#WAV4,<48,80,112,112,80,64,48,32,48,64,64,-80,-80,-64,-48,-48,
-64,-96,-128,-128,-96,-80,-64,-48,-64,-80,-80,-80,-80,-96,-112,-112>;
#WAV8,<127,127,112,-128,-112,-112,-128,-128,80,80,64,-128,-112,-112,-128,-128,
48,48,32,-128,-112,-112,-128,-128,16,16,32,-128,-112,-112,-128,-128>;
#OCTAVEREVERSE;
#A=q14g8r8q1)drdr(q14g2^ 8q1)drdrgrfrcrcrfr erdrcrer((q15d2^ 2.)r4
q14g8r8q1)drdr(q14g2^ 8q1)drdrgrfrcrcrfr argrfrar(q15((b2^ 1^ 4r4r2;
#B=q14d8r8<q1)brbr(>q14d2^ 8<q1)brbr>drcr<arar>cr cr<brar>cr((<q15b2^ 2.)r4>
q14d8r8<q1)brbr(>q14d2^ 8<q1)brbr>drcr<arar>cr erdrcrfr(q15(g+2^ 1^ 4r4r2;
#C=q14b8r8q1)grgr(q14b2^ 8q1)grgrbrarfrfrar grgrfrar(q15(g2^ 2.)r4
q14b8r8q1)grgr(q14b2^ 8q1)grgrbrarfrfrar> cr<brar>cr(q15(e2^ 1^ 4r4r2;
#D=q11gr))dr((gr)dr( (gr)drfr)cr( )gr(dr)grdr( grdr(gr))dr(
gr))dr((gr)dr( (gr)drfr)cr( )fr(cr))er(<br>( fr)cr((er))<br>(( err2.;
#E=q14g8r8q1)drdr(q14g2^ 8q1)drdrgrfrcrcrfr erdrcrerq15Hd2^ 2.(Gr4
q14g8r8q1)drdr(q14g2^ 8q1)drdrgrfrcrcrfr argrfrar(q15Hb2^ 1^ 4Gr4r2;
#F=q14d8r8<q1)brbr(>q14d2^ 8<q1)brbr>drcr<arar>cr cr<brar>cr<q15Hb2^ 2.Gr4)>
q14d8r8<q1)brbr(>q14d2^ 8<q1)brbr>drcr<arar>cr erdrcrfrq15Hg+2^ 1^ 4Gr4r2;
#G=mp0,0,0,0,0;
#H=mp1,2,1,1,1;

%4@3v8o7l16k0s15 t225A;
%4@3v8o7l16k0s15 B;
%4@3v8o6l16k0s15 C;
%4@8v6o6l16k4s15 GE;
%4@4v7o5l16k0s15 r32GE;
%4@4v7o5l16k0s15 r32GF;
%4@3v8o3l8k0s11 D;
%4@1v6o3l8k1s11 D;
[PR]
#TITLE<PRINCESS -THE TOWER OF DRUAGA- hatabou>;
#WAV6,<48,80,80,48,-16,-16,16,64,96,112,96,48,-32,-48,-48,-16,
32,32,16,-64,-112,-128,-112,-80,-32,-16,-16,-64,-96,-96,-64,-16>;
#WAV8,<127,127,112,-128,-112,-112,-128,-128,80,80,64,-128,-112,-112,-128,-128,
48,48,32,-128,-112,-112,-128,-128,16,16,32,-128,-112,-112,-128,-128>;
#OCTAVEREVERSE;
#A=[7d+ef+bf+ed+<b>][7def+bf+ed<b>];
#B=[bbb>f+f+f+]<bbf+f+<bbb>f+f+f+bbf+f+<bb
[aaa>eee]<aaee<aaa>eeeaaee<aa
[ggg>ddd]<ggdd<ggg>dddggdd<gg
[f+f+f+>c+c+c+]<f+f+c+c+<f+f+f+>c+c+c+f+f+c+c+<f+f+;

%4@8v5o6l16k0s9q6 t90$A;
%4@8v5o6l16k0s9q6 $A;
%4@6v7o6l16k0s9q6 r32$A;
%4@6v6o6l16k0s9q6 r16$A;
%4@8v7o3l16k0s9q14 $B;
%4@8v4o3l16k1s9q14 $B;
%4@6v7o3l16k0s9q6 $B;
[PR]
{なっとくいってないけど、とりあえず・・・あとで修正するかも}
#TITLE<DRUAGA -THE TOWER OF DRUAGA- hatabou>;
#WAV1,<-128,(112,112),15,(-128,-128),16>;
#WAV3,<-16,48,80,80,112,112,80,80,112,112,80,32,-16,-16,-48,-48,
-16,32,32,-16,-16,-48,-96,-128,-128,-96,-96,-128,-128,-96,-96,-80>;
#WAV4,<48,80,112,112,80,64,48,32,48,64,64,-80,-80,-64,-48,-48,
-64,-96,-128,-128,-96,-80,-64,-48,-64,-80,-80,-80,-80,-96,-112,-112>;
#WAV5,<-16,48,80,96,112,96,80,48,-16,-64,-96,-112,-128,-112,-96,-64,
-16,64,96,112,96,64,-16,-80,-112,-128,-112,-80,-16,112,-16,-128>;
#OCTAVEREVERSE;
#TABLE 0,<(0,8),16>;
#A=q2
[8a]>[8f+][8f][8a]>e<[7a]<
[8a]>[8f+][8f][8a]<
))[a>q8f+4a4q2f+<]a>q8f+4a4q2f+>(( e<[7a];
#B=q2
[8g]>[8d+][8d][8f]>dr4.r2<<
[8g]>[8d+][8d][8f]<
))[g>q8d+4f4q2d+<]g>q8d+4f4q2d+>(( dr4.r2;
#C=q2
[8e][8a][8g+]>[8c+]ar4.r2<
[8e][8a][8g+]>[8c+]<
))[eq8a4>c+4<q2a]eq8a4>c+4<q2a>(( ar4.r2;
#D=
r1r1r1r1r1
r1r1r1r1
r16na0,2[q3a>q9f+4a4q3f+<]a>q9f+4a4q3f+16na0,0 r1;
#E=
r1r1r1r1r1
r1r1r1r1
r16na0,2[q3g>q9d+4f4q3d+<]g>q9d+4f4q3d+16>na0,0 r1;
#F=
r1r1r1r1r1
r1r1r1r1
r16na0,2[q3eq9a4>c+4<q3a]eq9a4>c+4<q3a16>na0,0 r1;
#G=
[q11c4.q13c^2]< [q11b4.q13b^2]>
q11e<q14a4.^2>
[q11c4.q13c^2]< [q11b4.q13b^2]
[3q4aq10a4a4q4a]> q11e<q14a4.^2;

%4@5v9o4l8k0s11 t150$A;
%4@5v9o4l8k0s11 $B;
%4@5v9o4l8k0s11 $C;
%4@4v6o4l8k3s11 $D;
%4@4v6o4l8k3s11 $E;
%4@4v6o4l8k3s11 $F;
%4@3v7o4l8k0s11 $G;
%4@1v5o4l8k0s11 $G;
[PR]
#TITLE<DRAGON -THE TOWER OF DRUAGA- hatabou>;
#WAV1,<-128,(112,112),15,(-128,-128),16>;
#WAV3,<-16,48,80,80,112,112,80,80,112,112,80,32,-16,-16,-48,-48,
-16,32,32,-16,-16,-48,-96,-128,-128,-96,-96,-128,-128,-96,-96,-80>;
#WAV4,<48,80,112,112,80,64,48,32,48,64,64,-80,-80,-64,-48,-48,
-64,-96,-128,-128,-96,-80,-64,-48,-64,-80,-80,-80,-80,-96,-112,-112>;
#WAV5,<-16,48,80,96,112,96,80,48,-16,-64,-96,-112,-128,-112,-96,-64,
-16,64,96,112,96,64,-16,-80,-112,-128,-112,-80,-16,112,-16,-128>;
#OCTAVEREVERSE;
#TABLE 0,<(0,8),4>;
#A=
q11f4[3a4g+4q1bq12f^4q11]a4g+4b4
q11f4[3a4g+4q1bq12f^4q11]a4g+4q1bf
q11g-4b-4a-4q1b-q12g-^4q11b-4a-4b-4q1g-b-b-q11b-4q1a-q11b-4q1g-q11g-4a-4q1a-q11f4
[10q1aq11g+4]q1ag+;
#B=
q11c4[3e-4d4q1f+q12c^4q11]e-4d4f+4
q11c4[3e-4d4q1f+q12c^4q11]e-4d4q1f+c
q11d-4d-4d-4q1d-q12c^4q11d-4d-4c4q1d-d-d-q11d-4q1d-q11d-4q1cq11c4c4q1cq11c4
[10q1fr4]fr;
#C=
f2.^8f^2.^8f^2.^8f^2.g-4
d2.^8d^2.^8d^2.^8d^1
e-2.^8e-^1e-1e-1
e1<d+1>f+1g1;

%4@5v9o5l8k0s11 t150na0,2$A;
%4@5v9o5l8k0s11 na0,2$B;
%4@5v6o5l8k2s11 na0,2r16$A;
%4@5v6o5l8k2s11 na0,2r16$B;
%4@3v8o4l8k0s5q14 na0,2$C;
%4@1v6o4l8k0s5q14 r8na0,2$C;
%4@4v2o4l8k0s5q14 r8na0,2$C;
[PR]
#TITLE<MAIN THEME -THE TOWER OF DRUAGA- hatabou>;
#WAV3,<-16,48,80,80,112,112,80,80,112,112,80,32,-16,-16,-48,-48,
-16,32,32,-16,-16,-48,-96,-128,-128,-96,-96,-128,-128,-96,-96,-80>;
#WAV5,<-16,48,80,96,112,96,80,48,-16,-64,-96,-112,-128,-112,-96,-64,
-16,64,96,112,96,64,-16,-80,-112,-128,-112,-80,-16,112,-16,-128>;
#OCTAVEREVERSE;
#A=
q7b-6b-b-b-b-b->cdcr<b-> q13f2.q7e-fg
frrq13b-6.^12q7ab-afd q13c1<
q7b6bbbbb>c+d+c+r<b> q13f+2.q7g+f+e
f+6.g+f+ef+6ed+<bg+> q13c+2<q7b6.>d6d
q13e2^12q4degf+d gf+dq13e6r
q7f6fq13g6.^12q4fgb-af b-afq13g2q7f6.<
q7b-6b-b-b-b-b->cdcr<b-> q13f2.q7e-fg
frrq13b-6.^12q7ab-afd q13c1
q7c+c+c+c+6c+c+d+e+d+6c+ q13g+2.q7a+g+f+
g+6.a+g+f+g+6f+e+c+<a+> q13d+2q7c+6.r6.;

#B=
q1[3ddde-rr]frrq13b-6.q1arr
q13b-6.q1arrfrre-rre-rrfrrfrr
[3d+d+d+err]f+rrq13b6.q1a+rr
q13b6.q1a+rrf+rra+rra+g+a+d+rrr6.
@5
r6.s17q4d6dedegf+d>dd<b>q13c+6r<
r6.q4f6fgfgb-af>ffdq13e2s13q1@3c<af
[3ddde-rr]frrq13b-6.q1arr
q13b-6.q1arrfrre-rre-rrfrrfrr
[3e+e+e+f+rr]g+rr>q13c+6.q1<b+rr>
q13c+6.<q1b+rrg+rra+rrg+f+g+e+rrafc;

#C=
q1[3b-b-b->c<rr]>drrq13g6.q1frr
q13g6.q1frrdrrcrr<grragagrf
[3bbb>c+rr<]>d+rrq13g+6.q1f+rr
q13g+6.q1f+rrd+rrf+rr<a+g+a+brrr6.
@5
r1>s17q4bagq13a6r
r1>q4dd<b->q13c2<s13q1@3afc<
[3b-b-b->c<rr]>drrq13g6.q1frr
q13g6.q1frrdrrcrr<grragagrf>
[3c+c+c+d+rr]e+rrq13a+6.q1g+rr
q13a+6.q1g+rre+rrf+rr<g+f+g+>c+rrfc<a;

#D=
q1[3b-rrfrr]b-rr>q13g6.q1frr
q13g6.q1frr<b-rr>crrcrr<arrfrr
[3brrf+rr]brr>q13g+6.q1f+rr
q13g+6.q1f+rr<brr>c+rr<f+f+f+brrr6.
r1o6s17q4gf+dq13e6r
r1q4b-afq13g2s13q1o3f6.
[3b-rrfrr]b-rr>q13g6.q1frr
q13g6.q1frr<b-rr>crrcrr<arrfrr
[3>c+rr<g+rr]>c+rrq13a+6.q1g+rr
q13a+6.q1g+rrc+rrd+rr<g+g+g+>c+rr<fff;

%4@5v9o4l12k0s17 t171$A;
%4@3v9o4l12k0s13 $B;
%4@3v9o3l12k0s13 $C;
%4@5v9o3l12k0s13 $D;
[PR]
#TITLE<ROUND CLEAR -THE TOWER OF DRUAGA- hatabou>;
#WAV3,<-16,48,80,80,112,112,80,80,112,112,80,32,-16,-16,-48,-48,
-16,32,32,-16,-16,-48,-96,-128,-128,-96,-96,-128,-128,-96,-96,-80>;
#WAV5,<-16,48,80,96,112,96,80,48,-16,-64,-96,-112,-128,-112,-96,-64,
-16,64,96,112,96,64,-16,-80,-112,-128,-112,-80,-16,112,-16,-128>;
#OCTAVEREVERSE;
#A=q2f+ba+q14b4.^4q2b> q4dddq10e.e16q2g16r16 s7q16f+4f+16f+16s15q16f+2.;
#B=q2d+f+f+q14f+4.^4q2f+ q4bbb>q10c+.c+16q2e16r16 s7q16d+4d+16d+16s15q16d+2.;
#C=q2b>d+c+q14d+4.^4q2d+ q4gggq10a.a16>q2c+16r16< s7q16b4b16b16s15q16b2.;
#D=q2rf+ba+q14b4^4^ 8q2b>q4dddq10e.e16 q2g16r16s7q16f+4f+16f+16s15q16f+4^4.;
#E=q2rdf+f+q14f+4^4^ 8q2f+q4bbb>q10c+.c+16 q2e16r16s7q16d+4d+16d+16s15q16d+4^4.;
#F=q12b4.f+4.)d+4. q1d<)b(>d(e<)b>(e [2f+<))b((>]f+<)b(>((q14f+4.;

%4@5v7o5l8k0s15 t186A;
%4@5v7o5l8k0s15 B;
%4@5v7o4l8k0s15 C;
%4@5v3o5l8k3s15 A;
%4@5v4o5l8k3s15 D;
%4@5v4o5l8k3s15 E;
%4@3v10o4l8k0s15 F;
%4@3v7o4l8k3s15 F;
[PR]
#TITLE<ROUND START -THE TOWER OF DRUAGA- hatabou>;
#WAV3,<-16,48,80,80,112,112,80,80,112,112,80,32,-16,-16,-48,-48,
-16,32,32,-16,-16,-48,-96,-128,-128,-96,-96,-128,-128,-96,-96,-80>;
#WAV5,<-16,48,80,96,112,96,80,48,-16,-64,-96,-112,-128,-112,-96,-64,
-16,64,96,112,96,64,-16,-80,-112,-128,-112,-80,-16,112,-16,-128>;
#OCTAVEREVERSE;
#A=q6b-6>q7f12b-4a-4q1gfe-gq6f8.e-q13f2q5e-6f12>q7c4<b-4q2a-8g8f8e-8q10f1;
#B=q6r6q7d12f4e-4q1ddcdq6d8.cq13d2q5c6d12q7a-4g4q2f8e-8d8c8q10d1;
#C=q6r4q7d4c4<q1b-b-a-b-q6b-8.a-q13b-2q5a-6b-12>q7e-4e-4q2d-8c8<b-8a-8q10b-1;
#D=q15b-1^4^12q2f24r24f24r24q1b-8f8q3b-rfrq15b-1^8r8q3f4<b-4r4;
#E=q9b-6>q10f12b-4a-4q4gfe-gq9f8.e-q13f2q8e-6f12>q10c4<b-4q5a-8g8f8e-8q10f1;
#F=q9r6q10d12f4e-4q4ddcdq9d8.cq13d2q8c6d12q10a-4g4q5f8e-8d8c8q10d1;
#G=q9r4q10d4c4<q4b-b-a-b-q9b-8.a-q13b-2q8a-6b-12>q10e-4e-4q5d-8c8<b-8a-8q10b-1;

%4@5v7o4l16k0s11 t150A;
%4@5v7o5l16k0s11 B;
%4@5v7o5l16k0s11 C;
%4@3v9o3l16k0s11 D;
%4@3v9o3l16k1s11 D;
%4@3v5o4l16k0s11 r16E;
%4@3v5o5l16k0s11 r16F;
%4@3v5o5l16k0s11 r16G;
[PR]
#TITLE<CREDIT -THE TOWER OF DRUAGA- hatabou>;
#WAV3,<-16,48,80,80,112,112,80,80,112,112,80,32,-16,-16,-48,-48,
-16,32,32,-16,-16,-48,-96,-128,-128,-96,-96,-128,-128,-96,-96,-80>;
#WAV5,<-16,48,80,96,112,96,80,48,-16,-64,-96,-112,-128,-112,-96,-64,
-16,64,96,112,96,64,-16,-80,-112,-128,-112,-80,-16,112,-16,-128>;
#OCTAVEREVERSE;
#A=a-rrgfe-f4.r8;
#B=e-rre-dcd4.r8;
#C=crr<b-b-a-b-4.r8;
#D=frrfffb-4.r8;

%4@5v8o6l12k0s15q14 t210A;
%4@5v8o6l12k0s15q14 B;
%4@5v8o6l12k0s15q14 C;
%4@3v8o4l12k0s15q14 D;
[PR]
久々の車ネタw

やっぱり気になってたNew GOLF。
そそくさと偵察にwww
a0071507_058334.jpg


出たばっかりなので、グレードは2種類。ComfortlineとHighline。

久々に他社メーカーのディーラーに行ったので、すべてVWな車の中に
VOLVOが一台。完全アウェー状態wwww

まぁそんなことは気にせずさっさと店内に。
展示はグレード2種あり、有無を言わさず運転席、助手席、後部座席と
座り放題してから声をかけられる。

色々話ていて、本命はVariantであることを伝えると、約半年ぐらいで
新GOLFのVariantが出てくるのでは、ということ。

試乗しますか?という問いに2つ返事。
試乗はComfortlineということで、本音はHighlineが乗りたかったで
すが、そこは我慢我慢。(というか、Highlineの試乗車がなひ・・)

試乗でチェックすることは4点
・1.4Lエンジンと燃費
・7速DSG
・静粛性
・運転の違和感

■1.4Lエンジンと燃費
Comfortlineなので、シングルチャージャ。
全く非力さを感じさせません。むしろ、今のV50 2.4Lよりパフォーマン
スは断然上。一クラス上のエンジンで走っているような感覚です。
もちろん車体が軽いのでそう感じるのかもしれませんが、十分過ぎる
パワーを持っています。
いつもの感覚でアクセル踏み込むと、勝手にスピードメータは3桁に・・汗
いやいや、Audiしかりですが、VWグループのエンジンは目からうろこ
ですね。
VOLVOなにやってんだか・・・。
PowerShiftなんてアホなネーミング考えている場合ぢゃないでしょ。
って感じ。
燃費は、60km/hで少しアクセル固定してみると、瞬間燃費ですが
19km/Lと表示!!!
嘘か真か分かりませんが、今のV50と比べると驚異的な数値です。

・7速DSG
室内の静粛性とあいまってエンジン音があまり聞こえてこない、
加えて7速DSGは街中走行では2000回転いかずにシフトアップ
していくので、知らない間に変速、速度アップ、ってな状況に。。
ここまで変速ショックがなくスムースにやられると、トルコンATの優位
性はどこにあるのやら?とか思ってしまいます。
これはDレンジの話で、DSGにあるSレンジに入れると様相は一変。
もう引っ張りまくりますね。
3000回転でもまだシフトアップしないしw
私の運転だとコーナー立ち上がりとか加速したい人なので、Sレンジ
の方が似合っているかもw。燃費はぐっと下がりますが、爆
やっぱDSGいいなぁ~。
もちろん、セミマニュアルも試しました。
変速速過ぎて面白いwwww

・静粛性
全幅1790ということでV50よりやや幅広になっていますが、室内は
V50より狭いです。
但し、窮屈ではありません。V50に乗り換えるとV50の広さを実感でき
ますが、GOLFに乗っても狭い!とは感じさせないぐらいの感覚です。
やっぱりV50は全幅に対する室内の広さ確保は逸品と思いました。
ここは(ここだけ?)誇れる部分かな・・・
で、肝心な静粛性。
先代GOLFのうるささは分かりませんが、静かですね!
今のV50のタイヤの音が室内にゴーゴー伝わってくるのとはエライ違い
です。
静粛性がいいならオーディオも!っと思いましたが、、、
うーん、いまいちな音質・・・。ここはV50のオーディオの方が上ですねぇ。

・運転の違和感
全くなし。
DSGだから、1.4Lだから、ということは通常走行では感じません。
ただし、DSG特有のクリープ現象があまりないというのを知ってのこと
なので悪しからず。(坂道でノーブレーキだと、後ろに下がります)

ってな感じで、第一印象はかなり期待できると思いました。
このパワーならファミリーユースで全く問題なし!
Variantになることの重量増でどこまで印象が変わるか、Varianto出た
時に偵察にいこっと。

そうそう。Variantが本命ですと言った瞬間、営業トークがドライになった
のはいいのですが、店内を後にするときに誰一人何も言わないのはどうか
と思いました。
TOYOPET+VWなDらーですからそういうものなんですかねぇ。

AUDIやVOLVOでは一切そういうことはなかったので、ちょっとどうかなぁ
っと。
[PR]
ゲームミュージックが大好き&学生のころ、ゲーム作成で音楽を少し担当していたこともあって、PSG/FM音源/namco WSG/KONAMI SSCなど、シンセ系の音は大好きです。

就職してから縁遠くなってたのですが、TSSCP(詳しくは、ttp://d.hatena.ne.jp/keyword/TSSCP を参照~)を見つけて、また打ち込みを!爆

ということで、しばらくの趣味に追加~
[PR]