HEICOスポーツスプリングのインプレッション

えらそうに書くほど知識と経験はありません。
あくまで個人のダイレクトインプレッションという前提となります。

まずHEICOバネの前に装着していた純正スポーツサス(以下の写真ね)
a0071507_121511.jpg

2005年までは2.4~T-5までのオプション対応。2006年からはT-5専用となりました。Dらーの担当さんも知らなかった程ですので、急なオプション変更だったんでしょう。

で、このバネですが、20mmダウンします。20mmと聞くとそれなりに落ちると言うイメージがありますが、V50自体が車高が高いため(AWDはさらにですが、汗)20mm程度ぢゃフェンダーとタイヤの間は埋まりません_| ̄|○
加えて、2.4に装着すると「固い」です、汗(T-5装着された方のインプレッションは、純正と乗り味が変わらずローダウン出来た、とのことで、T-5のショックアブソーバーの減衰量は2.4と違うかもしれませんね)。
ローダウンバネなので固いとは思いますが、低速・中速走行時の突き上げは来ますねぇ。高速走行時は、ちょっと不安定。UFSなでのアンダー部分の空力パーツがあれば幾分安定しますよ!

一番のいいところ。
それは、ロール量が軽減されるということかな。なので、コーナーは楽になりますよ!
バネはEibachのOEMで、44-03 VOLVO P/N:30664262

あ、書き忘れましたが、タイヤ空気圧は
 フロント:2.4
 リア:2.1
としていています。リアが結構跳ねるんで、それを低減するための策です。
これで結構乗り心地は格段に良くなりますw

では、HEICOスポーツスプリングはと言うと、、、




V50 2.4純正バネの走行距離が5000km程度だったので正確さに欠けますが、このHEICOスプリングは純正バネと同等かさらにしなやかな感覚ですね。
ダウン量は、フロント30~35mm、リア25~30mmというようなアバウトな感じですが、こんなものかな?恐らく、馴染むともう少し落ちると思います。

フロント状態は、
a0071507_131429.jpg


リア状態は、
a0071507_1311958.jpg


ローダウンでしなやかということは、バネ長は短くそれでいて柔らかい、当然反発力もあるでしょうから、上下振動幅が増えるという懸念があります。

そういった観点を注目して運転しましたが、少しバンピーというか収まりがちょっと悪いようですね。特にリアの振動が上手く収まってくれません。
#まだ走行距離500km程度ですので、バネの落ち、馴染みはこれからなんですけどね、汗

もうちょっと書くと、中速走行だとバネの振動の収まるまでの時間が少なからずあります。高速走行は今のところ問題なさそうですねw
#いずれも、UFS装着状態です。

ショックアブソーバーの減衰量がバネの力に負けてるんぢゃないかと思っていますが、実際はどうなんでしょ??
HEICOのバネは純正ショックアブソーバーを用いた設計となっているそうですが、やはりトータルでいい状態に持って行くには、ショックアブソーバーの交換も必要ですねぇ。
あ、ロール量は純正スポーツサスから「増えました」。
いかに純正スポーツサスが固かったかということがここからも分かりますね~


で、色々書いてあまり満足していない方向のインプになりましたが、実際は超満足しています、核
これだけローダウンしているのに、足がしなやかなのは凄いですね。乗り心地がとても柔らかく、それでいて純正よりもロール量が抑えられているというに感心しました。


車高さえ問題なければ、スタイルと運転の両方が向上するのでいかがですか?爆

おっと、、、
現在のタイヤ空気圧は、
 フロント:2.3
 リア:2.3
なので、リアをもう少し落とせば乗り心地は格段に良くなるはず!!!
[PR]
by hatabouz2 | 2006-08-19 13:47 | ├車・V50